メインイメージ画像

2週間タイプのコンタクトレンズはメリットが多くあります

2週間タイプのコンタクトレンズは、連日仕事や勉強で細かな作業が必要な時に経済的に装用できるのがメリットです。それに1ヶ月に買い替える回数も約2回で済む事から、1日タイプの物よりは約3分の1のコストに抑えられます。また、2週間タイプのコンタクトレンズは、開封して14日間は繰り返し利用できるのが特徴なので、1日タイプよりもレンズが高品質ですし、少々の衝撃を加えても破損しにくいのが消費者にとって安心な部分です。

しかも2週間タイプは、細菌やタンパク質汚れが多く付着し始めるちょうど良い時期に交換できるので、アフターケアを怠らなければ衛生面を良好に保ちやすいのも初心者にとって扱いやすい点でしょう。

そして2週間タイプの場合は、使い捨てコンタクトレンズの種類の中でも利用できる年齢層も幅広く、乱視用や遠近両用などの取り扱いも通販では多いので、老眼鏡が手放せない高齢者でも負担なく使えるのもメリットです。
ただ1日タイプと違って、毎日のケアがレンズの寿命を延び縮みさせると言っても過言ではなく、つけ置き洗いやすすぎ洗いなどができるケア商品も一緒に購入する必要があります。



特にソフトのコンタクトレンズは水分を適度に含む性質上、雑菌の餌になりやすい環境とも言えるので、スポーツや仕事など屋外で利用する機会が多い人は消毒作業を毎日みっちり行う事は欠かせません。また、女性で毎日メイクが欠かせない職種に就いている人は、ファンデーションなどの化粧品に含有されている油分がコンタクトレンズに汚れを余計に蓄積させる要因になるので、アフターケアのこすり洗いは念入りに行うのが鉄則です。



使い捨てコンタクトレンズを利用しようと思っている人の中には、ドライアイが心配な人もいるでしょうが、実は2週間タイプが最も酸素透過率が高いとされています。最近は1ヶ月タイプのコンタクトレンズでも、シリコン素材を使って水分が不足しないように工夫を凝らしたタイプも販売されているので、品質と予算のバランスを上手く取りながら商品選びをしていくと長く愛用できるブランドがきっと見つかるでしょう。

更新情報